恐怖の猫変化

こ・こわい・・・自分の飼い猫が。
今までとても優しかった(親バカではなく)アビシニアン猫のラムネさんが激変してしまってから12時間経つ。私は彼女に「引っ掻かれないよう」「噛まれないよう」常に警戒しながら、PCデスクに座り、地面に足をつけずに作業している。足元には、彼女が背を向けて佇んでいる。ああ、攻撃してくるなら側に来ないでくれよ・・・とも思ってしまう自分が悲しい。しかしながら、噛まれ筋繊維まで炎症してしまった左手が疼き、恐怖心がかき消せないでいるのも事実。
この状況は、いつになったら和らぐのだろう・・・そして、収まったとして、再び芽を出すのではないかと考えると・・・困ったなぁ。

160724
※もうカメラのレンズを低い位置まで持っていく勇気もでないの構図

ことの発端は午前6時半。部屋の換気をするため、網戸を残して窓を開けた。しばらくしてドタドタ!と音がした。目を離した隙に、ラムネさんが網戸に飛びかかり破いてしまったらしく。外に鳥でも見つけたのか、まあ、破かれたのは残念だが、体をどこかに打ち付けてないか心配で姿を探した。彼女はリビングのテーブルの下に隠れ、唸っていた。いつも驚くことがあったとき(高いところに登るのに失敗したなど)はこういったことがたまにあり、優しく声をかければ出てきてすり寄ってくるはずなのだが。今日は違った。
見つけて、目を合わせたとたん、消防車が目の前にあるのではなかろうかと錯覚するぐらいの大声で威嚇し、糞尿を垂れ流して体を震わせている彼女が、そこにいた。ああ、たかだか1mくらいとはいえ落っこちたのが怖かったのかな、と思い、声をかけながら撫でようとしたのが大間違い。彼女はドリルで虫歯をえぐられるような音を上げながら、差し出した私の左手を刺しては噛み、再び刺して・・・

以後、12時間。ずっと目を合わせないようにしながら過ごしている。目を合わせば当然、合わせなくても近くで少しでも動こうものならサイレンが鳴く。様子から察するに彼女自身も怯えており、かつ、いつものように甘えたい気持ちも残っているのかずっと側についてくる。しかし、側に来るにもかかわらず私が立ち上がったり書類を取ったりするだけで攻撃に変わるので冷や汗ものである。

今までとても温和な猫で、客人や宅配便が来ても擦り寄り、大嫌いな獣医に連れていくときだって文句を言いながらもケースに自ら入ってくれるような子だったのに。流血事件になるまでの攻撃性が、まるで止まない。

ネットでいろいろ調べ、獣医にも相談したが、今回の事故は彼女にとっての怖さの限界を超えたようで、その原因が私にあると思われているのかもしれない。人と猫との関係性を長い期間をかけて修復していかねばならないらしく。さて、お互いいつまで耐えられるのか?いつになったら和解ができるのか?
続きはまた後日。