読みづらい事務所名の由来

ブログを始めたがいいが、
そんなにネタのある日々を送っているわけではないのです。
ただ、今はまだ買って貰ったばかりのおもちゃで遊ぶ子供のように
コンスタントに書き綴っていこうというモチベーションがあるのは確か。
そこで今回は、いつも読み方を間違えられる事務所名について
(ちなみに僕の芸名もよく間違われますのでご注意を)。
miu reel。
さて、何と読むでしょう?
ところで「映画の父」と呼ばれるリュミエール兄弟をご存じか?
動画の記録・再生という意味ではエジソンが先に発明したものなのだが
(この場合は箱を覗いて動画を楽しむというものだった)、
彼らが実現したのは一般観客に向けてのスクリーン上映だった。
汽車がこちらに向かってくる迫力の映像を観て観客が騒ぎ出すなど、
映画としての原点はここから始まったと言えるでしょう。
Institut Lumiere
※左のカテゴリ「Vidéos」から「Première séance」で10作が視聴可能
わかりました?
Lumière → l umi ere → miu lere → miu reel
あ…答えになってませんね(汗)、読み方は「ミュウリール」です。
2000年当時、まだ活気のあったMusicVideoから活動を始めたのですが、
その当時の仲間たちと決めたチーム名です。
いつか映画を撮りたいね、んで、何か新しいことを実現したいね、と。
今やたった独りになってしまいましたが、その野望は捨てていません。
「リュミエール」と「ミュウリール」。
そんな、言葉遊びでした。


雑草のように

週イチでお勉強しています。
ディレクターになる為のいわゆる出世街道とか
こう歩んでいけば実力さえあればなれるかもって道はあれども、
僕は全くの独学でなってしまい早7年強…。
企画会議で「ボディコピー」とか言われても何のことやらってカンジだったり。
これじゃあいかん、と、広告というものを改めて学び直すことにしました。
実は昨年半ばから年末にかけてCMプランナー講座というものは修了し
「なんだ、結構イケんじゃん?」なーんて思ってみたりもしましたが、
あとこう…なんか、ひとつ足りない気がして。
まぁ、何と言っても足りないのはチャンスですが(笑)、
それでも他人よりも頭ひとつ出ないと意味が無いわけで。
というわけで雑草のように生きてきた僕にとっては
「タグボート」か「シンガタ」か「風とロック」か選べって言われたら…
もうこれしかないよねってことになりました。
風とロックブログ
ちなみに2枚目の写真で手前に映ってる得体の知れないモジャが僕の頭です。


うぇぶシゴト

最近、珍しくWEBのシゴトをしています。
まずは日産NOTE。
「小栗旬ちゃんの話を聞いてみちゃう?」内の試乗コンテンツを作りました。
同ページにある発表会にて上映した映像が元となっています。
午前中に撮影後、移動しながら編集。
それを午後の発表会で上映、という殺人スケジュールでした。
日産NOTE Webカタログ
お次はWILLCOM、「カリスマ女子大生のヒケツ!」。
モデルをしている女子大生3人が繰り広げるエンタメコンテンツです。
といってもこれは彼女達のセルフムービーなので僕はあまりやることがありません。
大体の話の流れを考えて、あとは現場で観察してるくらい。
あ、勿論編集はやってますが。
あと3コンテンツ、もうすぐアップする予定なので観てやってください
(まさに現在編集中)。
WILLCOM | Happy Campus


ワタシ、ハジメテなんです…

男は初めての女性を、女は最後の男性を望むのだそうな…本当か?
さてさて、ハジメテなんです、ブログ。
何を書いていいやらわからんので、
とりあえず謎のプロフィール写真を撮影したときのメイキング映像をお送りします。
もう、去年の夏のことですが…