あめのあさくさ

先日書いた鏡花の件で国立劇場へ舞台裏を見学に。
残念ながら写真は載せられませんが、
普段の仕事では見られない伝統芸能の世界がそこにありました。
どこまでが歩いていいとこなのかわからず怒られたり
(舞台監督さんゴメンナサイ・・・汗)。
その後、芸者が活躍する料亭街・向島へ。
・・・芸者がいない。
当たり前っちゃあ当たり前ですが、期待していた面もあり。
雨、それもまだ夕方にも差しかからない時間の向島は、
なんだか活気のない住宅街のようで淋しく感じられました。
そしてそのまま浅草へ。
しとしと降る雨の中光る古めかしい街頭は古きを生きた人魂のよう。
090304s.jpg
ガイジンさん達が写真撮影する雷門を通り、
仲見世で小道具の値段チェック。
芸者に変身させてくれるというお店を見つけるも
「ご予約の方は2階へお上がりください」
というプレートが下がっていて。
パンフだけでももらおうと2階に行くと、
奥で何やら衣擦れの音・・・
おや?と思ったその目線の先には、
どこぞの若い娘さんの露になった白い背中が見えておりました。
逃げましたよ、そりゃもう(笑)。
うーん、なんか日記みたいだな。