たすぽれぽーと

初めてtaspoを使った。
せっかくだからチャージしようと思い、
自販機に貼ってあった「使い方ガイド」に従い1,000円入れる。
…が、チャージできず(汗)。
どうやら僕が見ていたのは「現金での買い方」であり、
「チャージの仕方」ではなかったようだ。
【現金での買い方】
現金を入れる→商品ボタンを押す→タスポをタッチ
【チャージの仕方】
チャージボタンを押す→現金を入れる→タスポをタッチ→再びチャージボタンを押す
なんで、こんなややこしいことするんだろ?
現金入れてからチャージボタン押すじゃダメなの?
こういった複雑さが、さらに客を自販機から遠ざける気がする。
一方、音声案内してくれるという利点もある。
SuicaPASMOみたいに盲人に不親切な代物とは違う。
残念ながら周囲がうるさかったし、
スピーカーが随分下位置(130cmくらいの高さ?子供用じゃん)にあり
何を言ってるのかよくわからなかったが、
もし金額や残高までをもアナウンスしているのなら便利である。
生活に身近なものが次々と電子化していくが、
やはりまだまだ、現金取引が一番わかりやすい。
今度からコンビニ行こっと。