やはりそうだったのか…

最近つまらん記事ばかりだな。
仕事も適度に忙しくなってきて充実してはいるのだが、
やはり生活のネタとして最も気持ちを支配しているのは
禁煙、である。
0605-1.jpg
4日間ほど完全禁煙をした。
その間にガムやらアメやらムチやらロウソクやら…
いろいろ試すも心を満たしてくれる嗜好品はなかなか無く。
しかも日増しに息は苦しくなるばかり。
夕方から就寝時にかけては常にジョギング中な気分。
薬に慣れて効かなくなってきたか?
とにかく処方される・禁煙する以前よりも症状は悪化。
なんでだ!?
明日、もう一度病院に行ってみよう。
もしかしたら初見の診断が間違いで違うとこに原因があるのかも。
それとももっとヤバいことになってるのか。
とにもかくにも最後の一本を吸いたくなって、また購入。
0605-2.jpg
ガキの頃、友人が漢方が入ってるからこれだけは体にいいんだ、
なーんて言ってたことを思い出して「中南海」。
全然入ってねぇじゃん……ただの1mgタバコだ、また。
しかし、あ~ら不思議。
1本吸ってみると、息苦しさがウソのようにとれた。
漢方が実は入っていた!とかそういうオチではなく。
たぶんこの息苦しさってストレスなんじゃねぇの!?という。
自分、なかなかストレス感じる前にブチ切れるタイプなんで
そういったものとは縁遠いとばかり思っていたが。
やはり禁煙は絶食よりもキツいらしい。
やはりそうだったのか…
おれは、中毒患者だった(汗)。
そして禁煙への道のりは続くのであった。
ちゃんちゃん。