ラーメン屋は戦場だ!

久々の味噌一(みそいち)。
実はかなりの猫舌なので、ラーメンは好きだが他人とは行かない主義。
だって嫌じゃん、みんなが食べ終わってるのを見て焦るのって。
そんなわけで僕は仕事帰りに独り食すことが多い。
ここ「味噌一」中目黒店は唯一定期的に通っている店。
辛さが選べてノーマル、ピリ辛、火吹、爆発と選べる「辛い味噌ラーメン」が売り。
味噌に52種類もの食材や調味料を混ぜた深いコクあるスープは、
辛いもの好きには(猫舌だけれど辛さは平気)ヤミツキになる味だ。
以前最上辛の真っ赤な「爆発」を食べて死にそうになったので今回は「火吹」に。
これだってたぶん常人にはかなり辛いはず。
熱さと辛さと麺の伸び具合との戦いだ。
そう、ラーメン屋は戦場なのだ!!
山手通り沿いにあるこの店には、様々な人々がやってくる。
今日も大学生風、サラリーマン風の男性客の他、
外車を乗り付けてやってきた金持ってるオーラ全快のエセダンディーと
そこにまとわりつくチューブトップ姿の鼻声女が来た。
いかにも知能指数の低そうなその女は、絡みついた男の腕を揺さぶって聞く。
「ここってぇ、ゆうめいなのぉ~?」
「からいのどぉ~れ~?」
女が同じ火吹を頼むのを見て、僕はにやりと笑った。
さぁ、開戦だ。チューブトップよ、この辛さについてこれるか!?
はじめの1、2分は、ずるずると音を立てて食していたチューブトップ。
しかし、軽く咳き込んだのをきっかけにすすることをやめた。
キタぞ……僕は、勝利を確信した。
「大丈夫?○○ちゃん、からくない?」
エセダンディーのエセな気遣いにも気丈に
「じぇ~んじぇん」
とか言っていたチューブトップだが、
エセダンディーの携帯に着信があり外に出た直後に事件が起こる。
チューブトップの鼻の先端から……
きれいな蛍光灯の反射を浴びた水滴が……
糸を引きながら器にダイビング!
キターーーーーー!よっしゃああ!勝ったあ!
チューブトップは誰かが見ていなかったか周囲を確認しながら、
何もなかったかのように上手に「それ」をすすった。
残念だな、僕は気づいていたさ。
エセダンディーよ、身なりを気遣う前に女を見る眼を磨け!
さてさて、食べ物の話なのに脱線して汚い話になってしまった。
味噌一は本当に美味しいので是非行ってみてください。
写真にもある味付け玉子とメンマは、
備え付けの空き缶に各20円以上のカンパを投げ入れれば勝手に食べられるシステム。
僕は太っ腹なので100円玉をちゃりん(ウソ。10円玉が無かった……)。
最近はそのラインナップにゆで玉子も加わったらしい。
しかも麦飯がタダでついてくる。
かなりお得!もうこれだけでお腹いっぱい!
辛いのが得意な人も、最初は「ピリ辛」から試すのをオススメします。
100506_2140~01
「味噌一」中目黒店
03-3711-2777
営業時間:昼11:00~翌朝5:00(年中無休)
目黒区中目黒4-5-1 エースビル1F