上戸さんが婚約してまたひとつ老けた気がする今日

今年、清水リョウはヒマである。
ヒマを満喫しようと自主映画制作なんかにふけっていたら、
あれ?お金がなくなった!当たり前か!
どうにか生活費を捻出しようとヤフオクで機材を売り飛ばした。
そしたらそのひとつを落札してくださったのが、
偶然にもかつてお世話になった制作会社の社長さま。
本日、直接の取引きに伺って参りました。
いやぁ、こんな偶然って、あるもんなんですね。
独立直後に拾ってくださった方で、
チームで映像編集をしていくノウハウを教えてくれた人。
会社に入るとわずかに二人だが
出入りしていた当時を知る僕と年齢の近いスタッフもいた。
懐かしさなのか何なのかよくわからない感情が込み上げて、
あれこれ話したい気持ちが昂れど話題が出ない…
こういうとき、口下手の自分を恨みます。
しかし、みんな老けたなぁ。
老けたなぁ、といえば。
つい数日前に僕が言われた言葉だっけか。
某レーベルのエレベーターで一緒になった人物が、
これまた独立して間もない頃から仕事をしてきた方。
ずっと一緒に上戸彩さんの担当をしていたのだが、
彼女がCD出さなくなってからは部署替えもあり疎遠になっていた。
…っておいおい、そういえば今日、婚約発表したってね。
おめでとう、上戸さん。
たぶん実際に会えば思い出してくれるだろうけど、
ただ結婚祝いを事務所に送っても僕の名前はわからんだろうな。
あれ、話が脱線した?
脱線ついでに今日の話すると、
ちょうどさっきもまた別の独立直後からお世話になっていた
プロデューサーの退社しますメールも来ていた。
物腰が柔らかいのに言いたい事はきちんと言える、
そんな人間的に尊敬していた方だったのでとても淋しい。
どういう再スタートを切るのか知らないが陰ながら応援したいな。
去年、僕は監督歴10年を地味に迎えた。
振り返ると、元いた会社は吸収合併され、
独立当時に拾っていただいた諸先輩方も引退したり他業種へ移ったり。
自分のルーツのエッセンスがことごとく変遷していく。
そして、すっかり現場の制作担当からすれば「おっさん」になった自分。
立て続けに懐かしい人に会ったり、近況を知ったり。
何かあるんだろうか…まるで走馬灯のような?
そういえば今日、車にも轢かれかけたっけ。
注意せねば。
たぶん、僕にも変われということか。
デビュー当時はがむしゃらだった自分も、
つい小手先の技術を覚えてしまって楽するようになり。
中だるみ?の時期なのか仕事も
楽しんでやることを忘れていたかもしれない。
ここはひとつ清水リョウを振り返らせて見つめ直す時期なのだろう。
さしあたって、HPリニューアルします。
なので、このブログも消すかも。
さーがんばろっと。