堕シミズとクローバー


そういえば。
人見知りで怨みがちで球技音痴で勉強もトップをとれる程でもなくバレンタインデーなんか無縁なのにチョコレートが大好物で成人するまで自分をA型だと思い込んでいた何の取り柄も無いティーンエイジャーだった自分ですが、たったひとつ、誰に自慢するでもなく心の内で特技としていたことがありました。
それは……
四つ葉のクローバーをすぐに見つけられること。
存在価値を見出せないままつらい日々の中、
きっと将来には幸せが待っている、なーんて、
公園の片隅で自分を励ましておりました(笑)。
それが先日、やたらとでかいシロツメクサを見つけたので探してみると、
ぜんっぜん見つからない!
コンビニ帰りに周囲の目も気にせず10分も粘るも、
まっっったく見つからない!
どうやら天は我を見放したようです。