深夜、他人の会社で。

忙しいときは息抜きも必要だ。
というわけで、MAVルームを抜け出て独り
深夜のオフィスビルで遊んでみた。
「ねぇ、このビル出るんだってよ」
「足の無いアレか?」
「いや、金髪もじゃの黒づくめ男」
「なんだよ、それ」
0218-1.jpg
「深夜にエレベーターのボタンをまるでインターホンのように押すんだって」
「ひとりでしゃべってんの?」
「そう・・・奥さ~ん、わかってますよ。今晩のおかずは焼き魚!って」
「突撃となりのなんたらみたいだな」
0218-2.jpg
「エレベーターに乗り込むと、小刻みにジャンプしだすんだって」
「堕ちたいのか?」
「エレベーターは都会のアトラクションなんだって」
「命がけだな・・・つーかなんでお前知ってんの?」
0218-3.jpg
「オフィスに勝手に入っては独り芝居を始めるらしいよ」
「シチュエーションはもちろんアレか?」
「アレって?」
「なんだよ、勘の悪いやつだな」
「熱血サラリーマンと意地悪上司を独りでやってるみたい」
「・・・つまらん」