読後感の一致

忘れてました、先週の広告キャンプ報告。
といっても毎回たいした事は書いてませんが。つーか書けないんです。
詳しい内容に触れてしまうとこの講座自体が商品ですのでマズいですからね。
なので、公表されている程度の情報に限っております。
ほら、ちゃんと考えてるでしょ、僕(笑)。
詳しい事は講師の会社ブログから見てください。
風とロックブログ
今回は「読後感」ですかね。
この言葉が相応しいかどうかは微妙ですが、
これができたらすごいというか、これを目指すべきというか。
毎回僕も悩むテーマです。
広告業界が素人感覚からどんどん離れていっているのと同じく、
広告をうつ側の人間も離れている方が多いです。
それを間違ってますよ~こうじゃないっすか~
と提案するのが僕らのシゴトなんですが、これがまたまた難しいんだなぁ。
うっかりしてると自分自身も離れちゃってることもありますしね。
どうすりゃいいかって?
わかりません、努力あるのみです。
話しは変わりますが、先日久々にテレビの人とシゴトをしました。
その方の頭の回転が早い・早い。
そして思ったのが、テレビの人って視聴者に向けてしか考えてないんですね。
「しか」って語弊ありますね。
でも、広告業界の頭のカタイ人達からしたらそうなんです。
見習いたいです。
それにしても切り口変われば言うことも変わるわけで、
全ての作品に対してそれを考えてるわけではないようですね。
一流のクリエーター様たちというのは。
要はその商品が売れりゃあいいわけで。
でもやっぱ、必ず売れますってのはわかりませんよね。
その都度真剣に考えるけれど、そんな事がわかってたら苦労はいらんです。
さてさて、落書きから生まれたキャラクターが今回は2人います。
このネーミングを募集します。
きっと、ほとんど応募してくる人がいないでしょう。
だから、送ってくれたら即採用ってことでこちらで発表させていただきますよ!!
0322.jpg