5秒を止めた男の話

今まで公にしませんでしたが、
昨年末に「金も時間もかけずに独りで映画をつくってみよう」という
お気軽なテーマの元に撮った自主映画が
デジタルショートアワードという賞レースに最終ノミネートされました。
新宿ミラノにて公開裁判…いや、審査という形式。
さらには師である箭内道彦先生(風とロック)も審査員で参加してたり。
非常に緊張の時間を過ごしてきました。
結果としては授賞を逃してしまいましたが、
狙いとしては外れておらずそれなりの評価もいただけました。
仕事漬けの日々に忙殺されて映画のことなんて考えてませんでしたが、
久々に次回作への意欲が湧いてきます。
次は、長編をつくります。
宣言しておかないとやらないのでここできちんと言っておきます。
先ほど「独り」でと書きましたが、
結果的には音楽はPiroくん、
そして脚本に関してもチェックを入れていただいた
水木野さんが参加しております。
当然、出演していただいた3名の役者さまも。
さらにはイベントで応援に駆けつけてくださった広告学校の仲間たちも。
みなさま、本当にありがとうございました。
0330-3.jpg

この『5 seconds』という作品は、
僕の作品集におまけとして収録することにします。
興味を持たれた方はご連絡ください。
尚、作品集の配布はお仕事の依頼を考えてくださる方に限定しております。
どうしても見たい!という方、
作品はまた別の機会で皆様の目に触れられるよう今後も努力していきますので、
それまでお待ち下さい。
あー、次回作、どうしようか(笑)?