2009年の年賀状は

昨年末の事件を受けて久々にCDをレンタルしました…TM NETWORKです。
上目遣いの体勢で映画を見ていてついた額のシワが…6時間消えません。
何かするたび誰に向けてか合い言葉を発します…よっこらしょっと。
もう今年で33のゾロ目、おっさんです。哀しいです。
資料で見ている学園アニメの若いやりとりに懐慕し、
現場で会ったひとまわり年下の役者の成熟具合に驚き、
同級生からの年賀状では「2人目産まれました」なーんてことが書かれていたり。
僕は、いつになったらオトナになれるんでしょうか?
あ、そうそう、年賀状と言えば。
若い頃…20代の頃は頑張ってました。
その年に出会った役者やミュージシャンなど(女性限定)をモデルに撮影した
コラボレーションシリーズなんかもやってたっけ。
いつしか出会いも少なくなり、というか、若い子にはそんな事も頼みづらくなり、
最後に気張ったのはこのHPパーツにもなってる自分のインディアン写真か。
3-4時間くらいヘアメイクしてもらって楽しかったなあ。
それが。
ここ数年は気持ちが乗らないというか、なんというか。
2、300枚は毎年送っていた年賀状も、来た方にだけ返すみたいなことに。
それも写真とか準備してないのでたいしたもんじゃなく。
今年届いた年賀状は相変わらず「怜」とか「玲」とかが多く。
いまだに「しみずれい」さんは…とか呼ばれることもあるしなぁ。
僕は「にんべん」ですよ~「リョウ」って読むんですよ~
って言い回るのも既に面倒臭いというかなんというか。
「読めない芸名なんてつけるもんじゃねぇ」って泉谷さんにも言われたっけか。
でも、かの映画監督オオシマナギサさんの名前表記は「渚」じゃないんすよ。
日の上には読点に似た点がつけられるんすよ。
ご本人もこだわってんすよ、間違うと怒るんすよ。
なので、こんなのにしてみました。
2009年賀
みなさまの「あと一押し」で私はきっと大成するのであります。
今年もよろしく願い申し上げます。
あぁ…来年はちゃんと年賀状作ろうかなぁ。