SONY NEX-FS700

自主映画の撮影に、
SONYさんからNEX-FS700という業務用カメラをお借りした。
カメラマンに頼らず僕ひとりで回す現場では、
ちょっとオーバースペックなくらいの素晴らしいカメラでした。
これはついでに撮ったラムネさん。

レンズが交換できて、
暗いところでも結構キレイに撮れる・・・というのに加え、
一眼レフの動画機能で作品撮ってた人には嬉しい
3段階NDフィルターやガンマイクの搭載。
さらにはフルHDで最大10倍のスローモーションが撮れる。
今まで○百万もするカメラでしか実現できなかった表現が
これで可能になるんだから、すごいんです。
しかし個人的にはまだまだ高価に思えてしまう値段設定であり、
手持ちでブン回すカメラワークを得意?とする僕にとっては
重心バランスの偏ったボディが辛かった。
そして劇映画ではそんなにスローモーションも使わないので、
豚に真珠、猫に小判でございました・・・SONYさんごめんなさい。
まぁ、被写界深度が浅く背景のボケたイイ感じの映像を
ハイスピードで撮影したいってときにオススメ。
もしレンタル機材屋に出回るのだったらかなり安いだろうし、
ミュージックビデオ撮影のメインカメラや
ライブ撮影のスローモーション要員としてのサブカメラとして、
商品撮りやシズル撮りのある企業VPなどでも活躍しそうである。
SONY NEX-FS700の詳細はこちら
http://www.sony.jp/nxcam/products/NEX-FS700J/
とりあえずスローモーションを活かせなかった自分が悔しいので、
バイオレンスシーンでのスローモーションに定評のある
サム・ペキンパー監督の代表作を片っ端からレンタルしてきました。
めざせ、アクション映画監督!!!