IREP

映像作家からすると、動画って響きが、どうにも自分の立ち位置が格下げされたようで嫌いでして。まあ、モニタに出るもの皆「映像」じゃね?ネット閲覧だって映像なら、その中で動くものは「動画」じゃね?っていうイケイケなIT業界から生まれた言葉なのでしょうけど、どうにも好きになれません・・・

そんな私、動画広告の専門家になります(笑)

ご報告が遅くなりましたが、3月よりデジタルマーケティングエージェンシー(インターネット広告代理店)株式会社アイレップのクリエイティブ本部という、やたらとカタカナが多くて文字量の長いところに所属となります。
2016年度では広告媒体費が1兆円を超え、テレビメディアに迫る勢いを見せるインターネット広告。その中でもこれからまだまだ成長するであろう分野が、動画広告です。きったない画質でカクカクと動く、いわゆる動画な時代はとうの昔に過ぎ、今やスマホですいすいとテレビ並のハイビジョン映像が再生される時代。当然、長い宣伝記事よりも数秒の動画で伝わるメッセージの方がキャッチーで心に残る手法なわけであり、さらにはテレビのように視聴率という大雑把な数値でしか効果測定ができないものとは違い、どんな人物がどのように視聴したかまで見えるようになります。ということは、より細やかに視聴者が何を求めているかがわかり、より正確に打ち出すものがわかるわけで。偉い人の好き嫌いだけでなんとなく制作されてきた今までの広告映像と比べると圧倒的に正解なわけで。こりゃ、映像業界・広告業界にいる者として、動画広告に踏み出さない理由がありません。いつか実現するであろう自分の映画作品のためにも(もうその頃には劇場公開のための動画広告というより、ネットで作品自体を効果的に上映することを考えている可能性もありますが)ネット上での動画において星の数ほどいる競合を蹴散らす知識をつけられる機会にもなり。とりあえず今は、やる気しかありません。

制作会社ではなく代理店勤務ということから、フリー時代からお付き合いいただいた皆様には様々な協業をお願いなどすることもあるかと思いますが、是非ご協力いただけますよう宜しくお願い申し上げます。

大先輩、また逝く。

鈴木清順さんがお亡くなりになられたようだ。僕は彼をたくさん語れるほど近しい存在でもないし、全作品視聴を遂げている一般ファンでもない。それでも『ツィゴイネルワイゼン』や『夢二』の衝撃は忘れられないし、何と言ってもたった数日だが、共に仕事をしたこともあった。
あれは2006年だから、もう10年近くも前になるのか。所属する日本映画監督協会製作の『映画監督って何だ!』制作時。
劇中劇監督として参加いただいた彼の撮影現場にスクリプターとして、そして仕上げの編集も任されていた。印象的な赤い傘(脚本に無い)の演出は今でも忘れられず、編集時に街の景観(予定にないし撮ってもいなかった)を求められ口論になったことは今となってはいい思い出だ。当時既に82歳になられていたことを考えると、映画を撮ることを人生とした大先輩のバイタリティに感服する。そういえば若松孝二さんもお年を召されてからも随分激しい方だったし、覚悟のある映画監督のみなさんは、やはり違う。
同じくチェーンスモーキングが祟って喘息になってしまった僕としては、あの苦しみが切にわかるのだが、それでも今年93歳とのことで、大往生ではないでしょうか。
ありがとうございます、お疲れ様でした。

続・恐怖の猫変化

昨年7月末にラムネさんが豹変してから、まともにここを更新していなかったことに気づく。いや、特に忙しかったわけでもなければ、特別変わったこともなく。ただただ無為に日々を費やしておったわけでござる。人は退屈が過ぎると何をする気力も無くなってしまうわけで、これじゃいかんと会社を辞めてみたりもしましたが(これに関しては改めてご報告しましょう)・・・まあ、結論から申しますと、ラムネさん、ほぼ復活でございます。
3ヶ月くらいですかね、ずっとスイッチのON/OFFが激しかったのですが、ここ最近は突然大きな音などがない限りは平穏無事です。

昨年9月時点のお戯れ。からあげ食べたいけど、グラスの水滴で我慢しちゃう、えらいねこ。

ネットで見つけた同じ症状(と言うべきかどうかも怪しいが)のアビシニアンなんかは、どうしても戻らず家族を傷つけるので保健所行きにした・・・などという悲しい事例があったりしたので、非常に心配しておりましたが。基本的にこちらが過剰に気をつかうと彼女(メスなのである)も異変として感じ取り、警戒する、という。なので、ちょっとスイッチ入ったら目を合わせず、極力いないものとして日々を過ごすということをしておりましたら落ち着いてきました。
たぶん、怖かったんでしょうね(何が怖かったかは2016/7/24参照)。怖くて隠れてたところに手を差し出しちゃったもんだから怒られるんじゃないかと、怖さの上塗りで。今まで信頼していた人間が、恐怖の対象になってしまったことから攻撃的になってしまったんだろうなーと、今ではなんとなく思っていたりします。

・・・と、この記事を書き途中にコーヒー入れに行ったら、死角からラムネさん飛び込んできて踏みそうに(汗)。咄嗟に回避して踏ん張ったらスリッパのせいでスパダーン!!と大きな音がでて。猫はシャー!!・・・それでも話しかけたらゴロゴロとすぐにいつも通りな感じでござりまする。
アビシニアンは特にビビりみたいなので、同じようにアビ飼いのみなさんはご注意あれ。

連絡先復活

みなさまご迷惑おかけしました。
無事、連絡先復活しましたのでお知らせします。
今年もどうぞ宜しくお願い致します。

緊急連絡

年明け早々・・・スマホを分解して壊しました
まじショックっす orz

なので当分、
私用番号&SMS等には繋がらない状態になります。